• JAあしょろについて
  • 事業紹介
  • 店舗・施設のご案内
  • 農・畜産物のご紹介
  • 新着・重要なお知らせ一覧
  • JAあしょろネットショップ

JAあしょろについて

あいさつ

 足寄町農業協同組合は、令和3年2月現在、正組合員数223名(207戸)で構成され、農業経営形態は、畑作、酪農、肉用牛を基幹とした複合経営です。
 畑作は小麦、豆類、てん菜の主要3品を輪作の基本に、疏菜、緑肥等を取り入れ、耕畜連携による堆肥の導入に力を入れています。また、高品質、高収量を目指しながら、環境へ配慮した減農薬・減化学肥料作物生産と環境保全型農業に取り組んでいます。また、畑での「ラワンぶき」栽培は、年に約280t程度を生産しています。
 畜産は「土づくり」「草づくり」「牛づくり」を基本とし、良質粗飼料の確保と給与によりコスト低減、生乳の品質・肉質の向上を図り、酪農・肉用牛の「あしょろ」銘柄づくりに取り組んでいます。

JAあしょろ 代表理事組合長 新津 賀庸

足寄町農業協同組合 代表理事組合長 新津 賀庸

地域の概要

 足寄町は十勝の東北部に位置し、東は阿寒国立公園、西は大雪山国立公園に隣接し、東西66.6km、南北41.3km、面積1408.09km2に及ぶ日本一大きな町です。総面積の82%は山林原野であり利別川、美里別川、足寄川に沿って開拓された6.2%の農耕地に独自の農業を育んでいます。

経営方針

  1. 組合員に対しては、物心両面の幸せを追求するとともに、組合員とその家族の営農と生活を守り、その進歩発展に貢献します。そのために、「儲かる農業」と「笑顔とゆとりある、暮らし」の実現に向けた支援を積極的に行います。
  2. 消費者に対しては、安全・安心な農畜産物と付加価値商品を国民の健康と命を守るという使命感を持ってお届けします。
  3. 地域に対しては、農業振興を基軸としたJAの事業活動を通じ、地域の活性化に貢献します。
  4. 職員に対しては、働きがいのある、明るく楽しく、活力溢れる職場を提供します。

JAの概要

名称 足寄町農業協同組合(JAあしょろ)
設立 設立:昭和23年4月10日
足寄町農業協同組合と足寄町開拓農業協同組合が平成17年9月1日に合併
代表者 代表理事組合長 新津 賀庸
出資金 8億9,285万6千円
令和3年2月現在
主な事業実績
貯金
173億9,737万円
貸出金
63億3,116万円
共済保有高
254億4,909万円
販売品販売高
86億1,055万円
購買品供給高
40億1,562万円
令和3年2月現在
組合員数
正組合員数
223人
准組合員数
1,270人
1,493人
令和3年2月現在
役員数
理事
8人
うち常勤
3人
監事
3人
11人
令和3年4月現在
職員数 101 人
令和3年4月現在

組織図

令和3年4月現在

JAあしょろ組織図